岩内町

岩内町は明治33年(1900年)に一級町村制が施行され、町の歴史はこの時に始まった様に思われますが、町の形体が出来たのはもっと古く、宝暦元年(1751年)と言われています。

江戸時代からニシンの漁場として栄え、特に江戸末期から明治にかけて日本最初の近代的石炭の積出港、アスパラガスの栽培、道内初の水力発電を起こすなど、日本のそして北海道の近代化の一端を担い、後志海岸地域の中心地として発展しておりました。

明治35年(1902年)には戸数2,281戸、人口15560人に達していたそうです。

因みにそのころの札幌の人口は4万人ですから、比較してみますと如何に岩内町が隆盛を極めていたかが解ります。

岩内町にニシンが来なくなったのは約70年前、黄金時代と言われれていたのはそれよりも更に遡って明治20年~明治40年頃で、漁場の数は岩内郡では82、3ヶ統あり、5万石の大漁も珍しくありませんでした。

(この頃、千石のニシンが獲れたら価格は3万円になり、これに対する1万4千円~5千円、差し引きすると1万5千円~6千円の利益があったと言われています。当時、1万5千円で2000俵の米が買えたそうで、現在、米1俵・2万円と計算しますと、何と4千万円にもなります。)

しかし、ニシンは北上し、スケトウダラ漁が町を支える様になっています。

その後の岩内町は泣かず飛ばずの時代を経て、昭和29年(1954年)の大火で市街地の2/3を焼失するという大災害に遭遇し、これによって大規模な都市計画で商店街、住宅街など整然と区画し、新生都市として見事に復興したのです。

岩内までへの送迎観光貸切タクシー・チャータージャンボタクシーのご用命は、各種フリープラン観光コースも充実し、お得な料金の北海道札幌小樽観光タクシー個人高橋へ!!

個人タクシーグループでの営業で、セダンタイプやミニバンタイプ、ジャンボタクシー等カーラインナップも充実しております。

  • 日本のアスパラガス発祥の地記念碑です。【岩内町】

    日本のアスパラガス発祥の地記念碑です。【岩内町】

    • 銅像or碑
    • 岩内
    • 道央
  • いわない温泉・おかえりなさい観光案内です。【岩内町】

    いわない温泉・おかえりなさい観光案内です。【岩内町】

    • 宿泊場所
    • 温泉
    • 岩内
  • 木田金次郎美術館観光案内です。【岩内町】

    木田金次郎美術館観光案内です。【岩内町】

    • 公園
    • 資料館・博物館・美術館
    • 岩内
    • 道央
  • 岩内町観光案内です。【岩内町Sightseeing Taxi】

    岩内町観光案内です。【岩内町Sightseeing Taxi】

    • 岩内
    • 道央
  • 岩内町雷電岬「刀掛岩」観光案内です。

    岩内町雷電岬「刀掛岩」観光案内です。

    • 絶景
    • 自然
    • 岩内
    • 道央
  • 岩内町雷電温泉観光案内です。

    岩内町雷電温泉観光案内です。

    • 宿泊場所
    • 温泉
    • 岩内
    • 道央
  • 岩内町雷電海岸観光案内です。

    岩内町雷電海岸観光案内です。

    • 岩内
    • 道南
  • 岩内町観光案内です。【岩内町Sightseeing Taxi】

    岩内町観光案内です。【岩内町Sightseeing Taxi】

    • 岩内
    • 道央
  • サンサンの湯観光案内です。【岩内町】

    サンサンの湯観光案内です。【岩内町】

    • 温泉
    • 岩内
    • 道央
  • お食事処ささやグルメ案内です。【岩内町】

    お食事処ささやグルメ案内です。【岩内町】

    • グルメ
    • 岩内
  • 雷電海岸・雷電温泉・雷電岬観光案内です。【岩内町】

    雷電海岸・雷電温泉・雷電岬観光案内です。【岩内町】

    • 岩内
    • 道南
  • 新日本海フェリーで行くニセコ積丹小樽海岸国定公園洞爺湖登別温泉観光コース

    新日本海フェリーで行くニセコ積丹小樽海岸国定公園洞爺湖登別温泉観光コース

    • 体験
    • 北海道観光モデルコース
    • 小樽