1月28日個人タクシー認可出ました。北海道札幌小樽Sightseeing TAXI・JUMBOTAXI高橋

2015年(平成27年)1月28日、待ちに待った個人タクシー認可、北海道運輸局長より認可書頂きました。

(^_^)v🙌🙌🙌

北海道の方言

北海道の方言についてお話いたしましょう。

「言葉はお国の手形」とかいいますが、言葉には、生まれ育った土地のナマリや特徴があり、その人の故郷がわかるようです。

北海道には明治の初め、東北はもちろん、日本各地から大勢の人たちが移り住み、それぞれ出身地の言葉で話していました。

しかし、言葉がちがうと気持ちの通じないことも多く、月日を重ねるごとに、次第にお国言葉は姿を消して、標準語に近い、北海道の共通ごが生まれたのです。

標準語に近いとは言っても、北海道の風土に育った言葉も残っておりますので、いくつかご紹介致します。

代表的なものに「シバレル」という言葉があります。

「今朝はシバレルねー」とか「水道がシバレル」などと、きびしい寒さのことを表現します。

気温がマイナス10度~20度にもなりますと、「寒い」とか「凍る」などといった言葉ではいいつくせないのです。

また、「気持ちが良い」とか「ゆったりする」という意味で「アズマシ」という言葉があります。

旅行などから戻ってきて「あぁ我家はアズマシイね」とか、乗り物に乗ったとき、気づかいをせずに、スムーズに座れた場合には「アズマシク座れるね」などといいます。

そのほか、夢中になって何かを行うことを「ハッチャキになる」、物を交換することを「バクル」、徒競走などの最下位を「ゲレッパ」、捨てるを「なげる」など、本州のお客様にはわからない言葉も結構あるようです。

言葉は同じですが、意味や使い方がちがうものもあります。

北海道では疲れたときに「あぁ、コワイ」といいますし、手袋をハメルのを「手袋をハク」といいます。

このほか、シシャモ(柳葉魚)、マキリ(小刀)、トッカリ(アザラシ)、チップ(ヒメマス)など、アイヌ語がそのまま使われたり、明治の初め、外国から入ってきた「プラオ」「サイロ」などの外来語が今なお残っております。

2015年(平成27年)5月1日より、21年間無事故の観光バスドライバー経験を生かして、夢だった観光貸切ジャンボタクシーへ変更致しました。

久しぶりに観光貸切業へ復帰しました。\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

(観光バスドライバー当時の先輩が札幌で観光個人タクシーグループを作っていたので、合流させて頂きました。)

お客様9名まで、ご乗車頂けます。

IMG_20150502_082938IMG_20150502_082909

北海道観光ジャンボタクシーの

ご予約・ご相談はこちら

お電話でのご予約・ご相談はこちら

TEL/FAX (0134)25-0204

関連おすすめコース

  • 余市 冬 早回りBルート得旅!3時間観光TAXI 🉐観光コースプラン

    余市 冬 早回りBルート得旅!3時間観光TAXI 🉐観光コースプラン

    • 余市
  • 昼と夜の小樽周遊観光プラン5時間ルートtourist貸切観光TAXIコース

    昼と夜の小樽周遊観光プラン5時間ルートtourist貸切観光TAXIコース

    • 小樽
  • 小樽Aコース4時間プラン 夏ゆったり満喫旅!小樽touristTAXIルート

    小樽Aコース4時間プラン 夏ゆったり満喫旅!小樽touristTAXIルート

    • 小樽
  • 小樽 冬 ゆったりプラン 4時間 観光TAXI Aコース

    小樽 冬 ゆったりプラン 4時間 観光TAXI Aコース

    • 小樽