北海道観光貸切チャター個人ジャンボタクシー高橋の北海道新幹線と田んぼアート観光案内です。

新函館北斗駅に有る、ずーしーほっきーの田んぼアートが見頃です。

新函館北斗駅前広場と北海道新幹線の写真です。

大野平野と水田発祥の地

大野平野が広がっています。この大野平野は、今も、道南の米どころとしての役割をはたしていますが、もともと北海道で、はじめて、水田の作られたところでもあります。

今から300年ほど前の元禄のころ、南部地方(岩手県)から移り住んだ野田作右衛という方が、450坪(15ha)の水田を作り、10俵のお米を収穫したと記録されていて、現在、その地(文月地区)に「水田発祥地」の記念碑が建てられています。

この辺りは気候も暖かですし、対岸の津軽や南部地方が、そのころ、すでに米作り中心の農業だったことを考えますと、米作りも、特にむずかしいことではなかったようです。

ただ、蝦夷地と呼ばれていたころの北海道は、人口も少なく、それにニシン、サケ、コンブなどの海産物が豊富で、経済力もありましたから、松前藩は水田づくりにあまり力を入れませんでした。

そのため、北海道の稲作が本格的になったのは、明治時代になってからのことです。

北斗市

北斗市は、北海道でも古くから開けたところです。

今では沿岸漁業、大野平野の農業、さらに、セメントや石油精製などの工業と、たくさんの顔を持っている街です。

日本セメント上磯工場

日本セメント上磯工場では、月に約30万tの、普通セメントを生産するのをはじめ、石灰石からできるものはほとんど生産し、海外にも輸出しています。

原料の石灰石は、うしろの峨朗鉱山から、長さ6.2㎞のベルトコンベアーで運ばれています。

北斗市に有る、新函館北斗駅です。前回は新幹線で撮る事が出来ませんでしたが、今回はリベンジ成功です。

津軽海峡

「しょっぱい川」という川をご存知でしょうか?

「塩からい川」・・・つまり津軽海峡のことで、北海道に住む、ご年配の方たちが使っていた言葉です。

本州から移住した方たちの、故郷を懐かしむ心が、このような言葉を生み出したものと思います。

たしかに、太平洋と日本海から入る潮の流れは、「川」と呼んでおかしくないほどに流れが速く(1時間に11㎞の速度)、むかしは渡るのに大変な苦労をしたそうです。

松前のお殿様が、江戸へ行くときには、津軽海峡を渡って、青森県の三厩へのコースをとりましたが、船が無事三厩に着くと、合図のノロシをあげ、それをこちらがわの白神岬で受けて、またノロシで城中に知らせ、藩士一同、登城して、お殿様の無事を祝ったということです。

石川啄木が、島崎藤村が、そして、三木露風が詩い、さまざまな人生を乗せた連絡船が行きかったこの海峡も、今では、世界一長い海底トンネルがつくられ、新幹線が、本州と北海道をつないでおります。

北海道観光ジャンボタクシーの

ご予約・ご相談はこちら

お電話でのご予約・ご相談はこちら

TEL/FAX (0134)25-0204

関連おすすめコース

  • 北海道札幌観光TAXI  札幌 小樽たっぷり満喫6時間ルートCコース観光プラン

    北海道札幌観光TAXI 札幌 小樽たっぷり満喫6時間ルートCコース観光プラン

    • 自然
    • 小樽
  • 北海道札幌観光TAXI ちょっと札幌 小樽4時間ルートBコース観光プラン

    北海道札幌観光TAXI ちょっと札幌 小樽4時間ルートBコース観光プラン

    • 自然
    • 小樽
  • 北海道札幌観光タクシー 得旅早回り3時間ルート 札幌 小樽Aコース観光プラン

    北海道札幌観光タクシー 得旅早回り3時間ルート 札幌 小樽Aコース観光プラン

    • 自然
    • 小樽
  • 北海道観光貸切TAXI 道南観光プラン 3日間観光コース Aルート・Bルート

    北海道観光貸切TAXI 道南観光プラン 3日間観光コース Aルート・Bルート

    • キロロ