北海道小樽観光個人タクシー高橋の小樽港勝納埠頭観光案内です。

勝納埠頭

大きなサイロの建っているあたりは勝納埠頭です。

日本海沿岸では最大のマンモス埠頭で、穀物サイロやコンテナヤード、トラックターミナル、フェリーターミナル(新潟、舞鶴)などがならんでいます。

また勝納埠頭の先には、中央埠頭、第一、第二、第三、色内埠頭とつづいています。

小樽港の新たな整備とフェリーの就航

天然の良港といわれた小樽港は第二次世界大戦後、樺太を失い、また当時のソ連や中国との貿易も政治的問題もあり貨物取扱量が減少しました。昭和11年(1936年)に411万8千tの取り扱い貨物量を記録した小樽港は、昭和25年(1950年)には196万tと半減します。

その後、昭和31年(1956年)には、昭和11年(1936年)の実績を上回りますが、エネルギーが石炭から石油に変わる中で小樽港の取扱貨物の7割以上を占めた石炭取扱量も減少します。

さらに、山が海岸に迫っていることから背後に工業団地を確保できず、工業開発と一体となった港湾整備と利用を望む事はできませんでした。

小樽港は新たな時代への対応が必要となりました。

昭和40年代に入ると船舶はさらに大型化しました。

そして、穀物、セメントなどと専用化し、コンテナ輸送も始まりました。

そこでそこで、昭和42年(1967年)には大型化する外航船に対応して、2万t級の船舶が接岸できる中央埠頭の工事が始まります。

幅260m、手宮側400m勝納側538mの大型埠頭には収容能力3万tの穀物サイロやセメントサイロ、冷凍・冷蔵倉庫などが建設され、昭和47年(1972年)に完成しました。

さらに、遊休地となった石炭積出し施設のあった若竹、勝納地区に面積48万平方キロメートルの巨大埠頭の建設が計画されます。

昭和48年(1973年)から工事が始まり、およそ112億円と10年の歳月をかけて昭和57年(1982年)に完成します。3万t級の船舶が接岸できるバースを持った埠頭は当時東京以北では小樽港だけでした。

現在勝納埠頭にはフェリー岸壁やターミナルが整備され、4万9千tの収容の力を持つ穀物サイロや輸入原木用地、小樽港マリーナが設けられています。

北海道観光ジャンボタクシーの

ご予約・ご相談はこちら

お電話でのご予約・ご相談はこちら

TEL/FAX (0134)25-0204

関連おすすめコース

  • 北海道小樽観光タクシーAコース4時間夏のゆったり満喫旅!観光コースです。

    北海道小樽観光タクシーAコース4時間夏のゆったり満喫旅!観光コースです。

    • 小樽
  • 【北海道余市町観光貸切タクシー】夏のゆったり4時間観光Aコース

    【北海道余市町観光貸切タクシー】夏のゆったり4時間観光Aコース

    • 余市
  • 新日本海フェリーで行くニセコ積丹小樽海岸国定公園~洞爺湖登別~白老~小樽

    新日本海フェリーで行くニセコ積丹小樽海岸国定公園~洞爺湖登別~白老~小樽

    • 体験
    • ニセコ
  • 積丹半島Aコース:8時間『ゆったり』満喫旅!積丹半島観光コースです。

    積丹半島Aコース:8時間『ゆったり』満喫旅!積丹半島観光コースです。

    • 余市