北海道観光貸切チャーター個人ジャンボタクシー高橋の冬の昭和新山・有珠山観光写真です。

昭和新山も雪が降りました。

標高406.9㍍昭和18年~20年にかけて1年9ヵ月で出来た山です。

茶褐色の三角形の山が昭和新山です。

それでは、世紀の奇跡、昭和新山の誕生についてご案内いたします。

昭和18年、暮れも押し迫った12月28日、このあたりは、はげしい地震に襲われました。有珠火山が、明治43年の爆発以来、33年ぶりに活動をはじめたのです。

この地震とともにはじまったのが、土地の隆起でした。50数件の家と、広い麦畑が、毎日少しずつ盛り上がり、翌年の5月には、50mほどの丘になってしまいました。

そして6月23日、この麦畑の丘が、ついに大爆発をおこしました。

爆発は10月までに17回もつづき、とくに、爆発の激しかったときには、岩石が1㎞四方にも飛び散り、幸い、死傷者はありませんでしたが、裾野いったいの人々は恐怖の毎日でした。

この爆発の間も土地の隆起はつづき、12月上旬、白煙を上げる火口の中央から、ついに、真っ赤な熔岩塔が、ゆっくりと地上に押し上がって来ました。

そして、それは1日に1mから1m半の速さで盛り上がり、昭和20年9月、ピタリと活動を停止した時には、周囲4.6㎞、標高406.9mの火山になっていたのです。

その期間わずか1年9カ月の出来事でした。

火山は、そのできかたや、形によって色々分類されますが、この昭和新山のように、溶岩だけが固まってできた山は、現在、世界でも例がなく、昭和32年、国の特別天然記念物に指定されております。

20世紀100年で4回噴火した山、有珠山標高737㍍最近では(2000年)平成12年3月31日に噴火しています。

平成12年(2000年)有珠山噴火

昭和52年の噴火から、23年ぶりの有珠山噴火は、まだ皆様のご記憶にも新しいかとおもいます。

平成12年(2000年)3月31日午後1時10分頃、第一回目の噴火が有珠山西山山麓で発生しました。

黒い噴煙は、上空3200mまで達し、キノコ雲のように丸く膨れ、しだいに広がっていきました。

その後、数回にわたり、複数の火口から繰り返し噴煙が上がり、山や街を黒い煙で覆いました。

雪が残る山すそは、見る見るうちに、火山灰で黒く染まり、火口付近では、噴石も多数認められました。

更に、4月1日には、再び西山山麓で噴火、また、有珠山の北西側の金毘羅山でも新たな火口群を形成し、噴火しました。

その後、この二つの地区で多くの火口が形成、地殻変動も進行していきました。

一般国道には、新たな火口、噴煙や噴石と共にふき出る大量の火山灰、人の頭ほどの噴石、これらが火口周辺の建物や畑に大きな被害をもたらしました。

現在では、火山灰の除去や道路などの修復も進み、有珠山ロープウェイや洞爺湖の遊覧船の運航も再開され、再び観光客が戻って参りました。厳しい状況にあった、有珠山周辺地域も、懸命な復興への努力により活気を取り戻しました。

北海道観光ジャンボタクシーの

ご予約・ご相談はこちら

お電話でのご予約・ご相談はこちら

TEL/FAX (0134)25-0204

関連おすすめコース

  • 北海道道央観光プラン 日帰り Aコース・Bコース・2日間 Aルート・Bルート

    北海道道央観光プラン 日帰り Aコース・Bコース・2日間 Aルート・Bルート

    • 体験
    • キロロ
  • 北海道観光貸切TAXI 道南観光プラン 3日間観光コース Aルート・Bルート

    北海道観光貸切TAXI 道南観光プラン 3日間観光コース Aルート・Bルート

    • キロロ
  • 新日本海フェリーで行くニセコ積丹小樽海岸国定公園~洞爺湖登別~白老~小樽港

    新日本海フェリーで行くニセコ積丹小樽海岸国定公園~洞爺湖登別~白老~小樽港

    • 体験
    • ニセコ
  • 積丹半島ジャンボタクシー 積丹満喫ルート貸切8時間コース観光プラン

    積丹半島ジャンボタクシー 積丹満喫ルート貸切8時間コース観光プラン

    • グルメ
    • 積丹半島