北海道観光個人タクシー高橋の岩内町雷電海岸・雷電温泉・雷電岬観光案内です。

岩内町観光個人ジャンボタクシー岩内町雷電海岸観光案内です。

ニセコ・積丹・小樽海岸国定公園のなかの景勝地、岩内町の雷電海岸は男性的な荒削りの海岸で、岩内町ビンの岬・カバソバナイ・雷電岬などと、見事な断崖絶壁が続きます。

昔は長万部に近い「礼文華山道」日高の「猿留山道」とともに、エゾ地の三大難所といわれ、ここを通る人は、岩の先に洞穴をくりぬいたり、鉄の鎖やはしごを付けて、北海の荒波をかわしながら、命がけで通ったそうです。

しかし今では、海水浴場やキャンプ場もつくられ、伝説に富んだ奇岩怪石や、あれ落ちる滝、断崖に咲く高山植物、そして、青い海を眺めながらの快適なドライブコースに変わっています。

ただ、この海岸は落石や土砂崩れが多いため、いたるところに、トンネルや覆道を作りましたので、雷電の魅力をすべて御覧いただけないのが残念です。

岩内町雷電の伝説、北海道には、弁慶と義経の伝説が、各地に残されていますが、この岩内町雷電海岸も、弁慶の刀掛岩、薪積岩など、義経と弁慶に因んでつけられた地名が多く残っています。

伝説によりますと、奥州衣川の戦いに敗れた、源義経は、弁慶とともに、実は、ひそかに蝦夷地へ渡りました。

そして、この岩内町雷電にたどりつき、コタンの長老チパの家で、一冬を過ごすことになりました。

弁慶は、たいくつののあまり、ときどき海岸に降りて行き、かたわらの岩に刀を掛け、付近の景色を眺めていました。

この岩が「弁慶の刀掛岩」なのだそうです。

一方義経は、チパの娘メヌカと恋仲になりましたが、春の訪れとともに、義経とその家来達はこの地を去り、大陸に渡る事になりました。

そのとき泣いてすがるメヌカに、義経は「らいねんは、きっと戻って来る。らいねんまで・・・・・。」と慰め、メヌカは「らいねん本当に・・・・・?」と繰り返して別れを惜しみました。

この義経と、アイヌの娘との再会を誓った言葉「らいねん」が「らいでん」に変わり、このあたりの地名になったと伝えられています。

しかし、本当は、アイヌ語で「低い出崎」を意味する言葉「ラエンルム」から変化したもので、出崎とは雷電岬のことをさしております。

img_20150907_145030img_20150907_145824img_20150907_145103img_20150907_145841

北海道観光ジャンボタクシーの

ご予約・ご相談はこちら

お電話でのご予約・ご相談はこちら

TEL/FAX (0134)25-0204

関連おすすめコース

  • 【北海道道南観光】3日間Aコース・Bコースです。

    【北海道道南観光】3日間Aコース・Bコースです。

    • キロロ
  • 北海道道央観光得旅!日帰りAコース・Bコース・2日間Aコース・Bコースです。

    北海道道央観光得旅!日帰りAコース・Bコース・2日間Aコース・Bコースです。

    • 体験
    • キロロ
  • 道北観光Aコース4日・Bコース3日・夏期限定3日コース・2日コースです。

    道北観光Aコース4日・Bコース3日・夏期限定3日コース・2日コースです。

    • グルメ
    • 礼文島(れぶん島)
  • 新日本海フェリーで行くニセコ積丹小樽海岸国定公園~洞爺湖登別~白老~小樽

    新日本海フェリーで行くニセコ積丹小樽海岸国定公園~洞爺湖登別~白老~小樽

    • 体験
    • ニセコ