三笠市

三笠市は、北海道で一番古い炭鉱、幌内鉱のあったところです。

そして、三笠市の開拓の歴史は、炭鉱開発の歴史でもあります。

開拓使雇いのアメリカ人技師ライマンが、幌内炭田の調査をはじめたのは、明治6年のこと、明治12年から、本格的な採掘が始まりました。

明治15年、小樽の手宮から、北海道最初の鉄道が幌内まで開通すると、幌内(明治12年)、幾春別(明治19年)、奔別(明治35年)、唐松(明治38年)、弥生(大正3年)などの炭鉱が次々と開発され、ピークの昭和34年には、三笠市の人口は、およそ6万3000人を数えたほどです。

しかし、この長い歴史と、年間240万tもの生産量をほこった炭鉱も、閉山があい次ぎ、最後に残った北炭幌内鉱も、平成元年、ついに閉山、110年の歴史を閉じました。

そして三笠市の人口は、現在(2004年)約1万3000人と、ピークのころの1/4をわってしまいました。

そのため三笠市では、これまでの農業や石炭にかわる新しい町おこしのため、企業誘致をはかる一方、桂沢湖を中心とした観光開発もすすめております。

札幌小樽からの空知地方・三笠市・岩見沢市でのワインツーリズム観光タクシーのご用命は、個人タクシーグループ営業でセダンタイプ・ワゴンタイプ・ジャンボタクシーとカーラインナップも充実の北海道札幌・小樽観光個人タクシー高橋へ!!TEL090-8276-4671

  • 三笠天然温泉太古の湯観光案内です。【三笠市】

    三笠天然温泉太古の湯観光案内です。【三笠市】

    • 温泉
    • 三笠市
  • 達布山展望台観光案内です。【三笠市】

    達布山展望台観光案内です。【三笠市】

    • 展望台
    • 絶景
    • 三笠市
    • 道央
  • 滝沢ワイナリー観光案内です。【三笠市】

    滝沢ワイナリー観光案内です。【三笠市】

    • お酒
    • 三笠市
    • 道南
  • 山崎ワイナリー観光案内です。【三笠市】

    山崎ワイナリー観光案内です。【三笠市】

    • お酒
    • 三笠市
    • 道南