池田町

「十勝ワイン」の故郷池田町、明治37年、もと鳥取藩主だった、池田侯爵の農場の中に駅ができ、その駅を中心として、発展をして来ました。

ビート、小豆などの畑作や、酪農がさかんで、十勝地方では珍しく稲作も行われています。

それにつけても、池田町を有名にしたのはワインでした。

昭和39年から、自治体としては珍しく、ワインの醸造販売を行って、成功させました。

町内に自生するヤマブドウからヒントを得たもので、町営のブドウ酒研究所をつくって、本場ヨーロッパの栽培方法や技術を取り入れ、年間、1900ℓの生産能力を待っています。

ワインと言えば、すぐステーキを連想しますが、池田町ではミートバンク(肉銀行)もつくっています。

ミートバンクとは、農家で必要のない牛、例えば乳の出ない牛や、牡の子牛などを預かって、変わりに精肉券を発行、農家は必要な時に、必要なだけ肉を受け取る仕組みです。

これによって、農家の食生活も変化して、ステーキを多く食べるようになり、ワインの需要も次第に増えたということです。

池田町周辺や池田ワイン城までへの送迎や観光貸切タクシー・チャータージャンボタクシーのご用命は、各種フリープラン観光コースも充実し、お得な料金の北海道札幌小樽観光タクシー個人高橋へ!!

個人タクシーグループでの営業で、セダンタイプやミニバンタイプ、ジャンボタクシー等カーラインナップも充実しております。

  • ワイン城観光案内です。【池田町】

    ワイン城観光案内です。【池田町】

    • お酒
    • 池田町
    • 道東
  • DCT garden IKEDEに行って来ました。【池田町】

    DCT garden IKEDEに行って来ました。【池田町】

    • お酒
    • 池田町
    • 道東
  • 池田町営ワイン工場『ワイン城』観光案内です。【池田町】

    池田町営ワイン工場『ワイン城』観光案内です。【池田町】

    • お酒
    • 池田町
    • 道東