旭川観光貸切送迎タクシー・ジャンボタクシー、北海道札幌小樽観光個人タクシー高橋の旭川常磐公園観光案内です。

旭川常磐公園

旭川市で初めて開設された公園です。

市内中心部に位置し、文化・芸術の拠点ともなっているほか、隣接する旭川リベラインパークとともに各種イベントに利用されます。

なお、付近の地名などは「常盤」と表記しますが、公園名は「常磐」です。

これは、1928年(昭和3年)の園名碑設置時に揮毫した字の間違いがそのまま公園名として決まったという説や、割れることを連想させる「皿」よりも壊れにくい「石」の字を用いたという説、陸地測量部(現在の国土地理院)発行の地図による付近の町名には「常磐通」と書いてあるため、これを採用したという説もあります。

旭川常磐公園歴史

1890年(明治23年)に村が置かれた旭川は、屯田兵の配備や北海道官設鉄道上川線の旭川延伸、第七師団の移住によって発展し、1901年(明治34年)に町に昇格しました。

その際に設置した「町村制実施準備委員会」において公園造成を決議したが、着手に至らないまま日露戦争が始まりました。

1908年(明治41年)には「近文衛戌地分離独立問題」が起こり第七師団が旭橋を境に分離独立する動きを見せたが、1910年(明治43年)に「旭川町対第七師団協定書」を締結して問題が解決しました。

協定書には、「旭川町中島に公園を整備し、移住者の和楽を増進する事」が明記されており、市街地と第七師団の中間地点を町民と師団の親睦の場として活用することにしました。

同年には星野勇三に設計を委託して公園造成が始まりました。

1916年(大正5年)に基礎工事を終えて開園しました。

1928年(昭和3年)に設置された園名碑は、時の第七師団長・渡辺錠太郎陸軍中将(ニ・二六事件で反乱軍に殺害された)の揮毫によるもので、周囲の地名「常盤」と異なり「常磐公園」と記名されており、旭川市の定める本園の名称も「常磐公園」です。

常磐公園

旭川市の中心部にあって、旭川市民の憩いの場としてしたしまれております。

千鳥ヶ池を中心とする園内には、体育館など、スポーツ施設のほかに、青少年科学館、天文台、図書館、公会堂、北海道立美術館などの文化施設があります。

また、北海道開拓の恩人、岩村通俊(初代北海道長官)と、永山武四郎(第二代目長官、屯田本部長、初代第七師団団長)の銅像、プロレタリア詩人、小熊秀雄の文学碑、開拓を記念した「風雪の群像」(故本郷新作)なども建てられ、ちょっと落ち着いたひとときを過ごす快適な場所になっています。

旭川市

旭川市は人口約34万人、札幌市に次ぐ北海道第二の都市です。

歴史は比較的に新しく、明治24年、屯田兵によって本格的な開拓が始まりました。その後、旧陸軍の北鎮第七師団が置かれことから、戦前までは軍都としての性格が強かったところです。

しかし、今では上川の米どころをバックに、商・工業も加わって、めざましい発展を続け、この地方の政治・経済・文化・交通の拠点となっています。

また、観光資源にも恵まれている街で、大雪国立公園の玄関口で有る事はもちろん、市内には優佳良織工芸館・井上靖記念館・美術館・アイヌ記念館など、御覧いただきたい施設が沢山そろっています。

北海道観光ジャンボタクシーの

ご予約・ご相談はこちら

お電話でのご予約・ご相談はこちら

TEL/FAX (0134)25-0204

関連おすすめコース

  • 【北海道札幌観光タクシー】札幌小樽満喫満喫6時間観光Cコース

    【北海道札幌観光タクシー】札幌小樽満喫満喫6時間観光Cコース

    • 自然
    • 小樽
  • 【北海道札幌観光タクシー】ちょっと札幌小樽4時間観光Bコース

    【北海道札幌観光タクシー】ちょっと札幌小樽4時間観光Bコース

    • 自然
    • 小樽
  • 【北海道札幌観光タクシー】得旅!早回り3時間 札幌・小樽観光Aコース

    【北海道札幌観光タクシー】得旅!早回り3時間 札幌・小樽観光Aコース

    • 自然
    • 小樽
  • 北海道道北観光Aコース4日間・Bコース3日間・夏期限定3日間コース・2日間コースです。

    北海道道北観光Aコース4日間・Bコース3日間・夏期限定3日間コース・2日間コースです。

    • グルメ
    • 礼文