積丹Bコース:6時間「定額制運賃」積丹観光タクシー


6時間「定額制運賃」積丹観光タクシー案内です。

写真は、積丹半島神威岬の先端にある積丹神威岩です。積丹神威岩の伝説、積丹神威岬にまつわる悲しい恋の伝説です。兄頼朝の追手をのがれて、蝦夷地にわたった義経は、日高のアイヌコタンに滞在し、いつしかコタンの娘、チャレンカと恋仲になりました。しかし、大きな望みをいだく義経のこと、別れも告げず、ひそかに旅立ってしまったのです。これを知って驚いたチャレンカは、あとを追って、ようやく積丹神威岬まで来ましたが、ときすでに遅く、義経一行は帆をあげて船出したあとでした。チャレンカは遠ざかる船に、声の限り叫び続けましたが、むなしく波の音に打ち消されるばかり・・・。ついに悲しみと恨みを残して、崖の上から身をおどらせてしまい、積丹神威岩になったといい、それ以来、和人の船が、女性を乗せてこの岬を通ろうと、暴風雨がおこり、船の進むのを邪魔しますので、これはアイヌ娘の恨みと呪いによるものだろうと、語り伝えられています。積丹神威岩の伝説をご紹介しましたが、これは、和人の奥地定住をきらった松前藩が、女人禁制の政策を進めるために作った物語だろうと言われております。[ソーラン節]この積丹は、そのむかしニシンで明け、ニシンで暮れたところです。そして、ニシンとは切り離せないものの1つに、ソーラン節があります。ソーラン節は、ニシンをとるときに使われた建網の作業唄ですが、その発祥地がどこなのかは、はっきりしておりません。余市にソーラン節発祥記念碑、美国にはニシン場音頭記念碑があり、江差地方では江差で生まれたといっております。この積丹地方のお話をご紹介しますと、積丹美国場所の請負人、岩田屋金蔵の使用人に、南部地方(岩手県)出身の金次という人がいました。その金次は大変な美声の持主で、ニシンの枠網から、大タモでニシンをくみ上げるとき、金次がすかさず入れる「合の手」と「即興の唄」は、激しい労働で、疲れきった漁夫たちの志気を奮い立たせたと言います。そして、このヤーレンソーランのはやしとアドリブに富んだ作業唄が、やがて、漁夫とともに、全道のニシン場へ流れていったと伝えられています。

小樽駅or小樽市内ホテル~旧日本銀行(車窓)~小樽運河(車窓)~マッサンの余市ニッカウィスキー工場~積丹岬~神威岬~小樽駅or小樽市内ホテルor北一硝子orオルゴール堂

(有料道路利用料金 駐車場料金 施設体験見学使用料金等含まれておりません)

IMG_20150929_101536~2CIMG3140

上の写真は余市町に有る、余市町ニッカウヰスキー北海道工場です。ウイスキーのモルト、すなわち原酒を作っているところです。お酒は、お水と気候の良いところに美味しいものが生まれるといいますが、余市町は三方が山、一方は海に囲まれ、余市川の清流と、澄んだオゾン、温度・湿度など、スコッチの本場、スコットランドそっくりなのだそうです。ニッカウヰスキーの生みの親は竹鶴政孝さんですが、竹鶴さんは、スコットランドで醸造学を勉強、帰国後、入社した寿屋(現在のサントリーウイスキー)で、昭和4年、国産第一号のサントリーウイスキーを誕生させました。その後独立して、かねてから白羽の矢を立てていた余市に工場を建て(昭和9年)、リンゴジュースなどを作りながら、ウイスキーの熟成を待ち、ニッカウイスキーを世に送り出したのは、昭和15年のことです。なお、ニッカの名前は、以前の会社名、大日本果汁の略、大日本の「日」と、果汁の「果」からとって[ニッカ]と名付けたということです。

CIMG1698CIMG1639

積丹半島に有る、左恵比寿岩、右大黒岩です。ローソク岩高さ約40㍍、観音様の立ち姿に似ていますので、観音岩とも呼ばれています。このローソク岩について、アイヌの人たちの伝説が残されております。むかしむかし、大陸に住んでいた神様が、積丹半島をもぎ取って、自分たちの領土にしようとスキをうかがっていました。あるとき、この神様は、物凄い大嵐と大津波巻き起こし、そのドサクサにまぎれて、積丹半島を引きちぎろうとしました。これを知った北海道の神様たちは、半島を渡してなる物かと、嵐の中、太い縄で、積丹半島をしばり、その端を、ローソク岩の根元に、しっかりと結びつけました。このため、大陸の神様も、積丹半島を盗む事が出来なかったと言われております。

CIMG3101CIMG3098

小樽市富岡に有る、小樽富岡カトリック教会、昭和4年に、ドイツ人宣教師の設計・指導で建てられた、小樽カトリック富岡教会です。ツタにおおわれた天主堂、ステンドグラスをはめ込んだ飾り窓、アーチ型に石を組んだ玄関など、ロマンチックな香りただよう教会です。なお、このあたりは、亡き石原裕次郎さんが(3歳~8歳までの)少年時代をすごしたところです。となりの写真は小樽公園から小樽港を望んだ写真です。小樽公園は、小高い丘の上につくられた、緑の多い公園で、北海道でただ一つの能楽堂をはじめ、市民会館や体育館、図書館・公会堂・野球場などが点在します。また、15種類7000本のツツジが植えられていて、花の季節は、目も覚めるばかりの美しさです。このツツジは、小樽市の「市の花」に選ばれていますが、庭木が「市の花」になっている珍しい例です。

CIMG0725積丹神威岬水無しの立岩1a積丹カムイ岬3女人禁制の門

積丹神威岬に有る、写真が水無の立岩、その少し右に現在落石で危険なため、通行止めになっている積丹念仏トンネルが有ります。以前は真っ暗な積丹念仏トンネルを通って積丹半島神威岬の突端へと向かっておりました。このトンンネルが掘られたのは1つの海難事故がきっかけとなっております。大正元年10月積丹半島神威岬灯台に勤める職員の家族が買い物をして岩場を伝って家に戻る途中、波にさらわれて行方不明になりました。いつまでたっても帰らないので、手分けして探したところ、岩場に漂っている遺体を発見したのです。涙ながら葬儀を終えた灯台の職員や家族たちは、再び悲しい事故が起きないためにも、断崖にトンネルを掘ろうと言う事になりました。職員たちは仕事の合間をみつけては、波しぶきのたつ断崖に張り付いて、最も危険な神威岬に通じる断崖を両側から掘り出しました。掘り出してどの位たったでしょう。どこからか誰かの叫ぶ声がきこえたのです。それは亡くなった人の声のようでした。ところが両方から掘ってもう何か月にもなるのに、どうしたことか貫通しないのです。職員たちが調べた結果、掘った穴が大きくずれている事がわかりました。「仕方がない、途中から曲げて結ぼう」と片方から右折する形で掘りぬきました。わずかにずれていると思っていたのが、かなり大きく食い違っておりました。トンネルが出来波打ち際の通行が便利になりましたが、人々はここを通るとき、亡き人をしのんで念仏を唱えながら歩きましたので、念仏トンネルになったとか、また、一説には暗闇で恐ろしくてたまらないので、念仏を唱えながら通った事から念仏トンネルと呼ばれるようになったとも呼ばれております。となりの写真は積丹半島神威岬と積丹半島神威岬灯台です。積丹ブルーの海も大変綺麗です。積丹女人禁制門みえております。積丹神威岬の婦女通行の禁、積丹半島神威岬付近は、天気の良い日でも波の高い事が多く、昔は、少し荒れだすと、小さな船ではなかなか通ることが出来なかった難所で、蝦夷三険岬(茂津多・神威・雄冬)の1つに数えられていたところです。ところで、松前藩時代には、この積丹半島神威岬から北へは、女性が行くことを認めておりませんでした。それは松前藩ではこの岬から北は、和人の定住を禁じていて、そこに女性が入ると言う事は、定住を意味したからでした。和人が、交通の不便な奥地に、どんどん入るようになっては、藩の力で、とても取り締まる事が出来なくなるからです。したがって、奥地に入るのは、ニシン漁に行く男だけに限られていて、恋し人との別れを惜しむ、妻や恋人の思いが、「恨みますぞえ、お神威さまは、なぜに女の足止める」「忍路高島およびもないが、せめて歌棄磯谷まで」と、追分節にもうたわれています。この女人禁制の掟が解かれたのは、安政3年(1856)、蝦夷地を幕府が直接おさめるようになった翌年の事です。宗谷へ赴任するお役人、梨本弥五郎が、初めて妻子をつれて、この岬を通過しております。


積丹半島6時間コースは 通年定額制運賃で とってもお得です!(お食事時間や休憩時間を入れますと7時間を超える場合が有りますが料金は定額料金でご案内致します)
小型タクシー4名様まで乗車可能 31800
ジャンボタクシー9名様まで乗車可能 45240