函館観光タクシー・ジャンボタクシー、北海道小樽観光タクシー高橋の立待岬観光案内です。

立待岬

立待岬は、函館山の裾野が、海に突き出した断崖で、晴れた日には、海峡の向こうには、下北半島や津軽半島の山なみがかすんで見えます。

むかしアイヌの人たちが、この岬に立って、魚が来るのを待っていた所から、この名がついたそうです。(アイヌ語「ピーウシ」立待の意味)

幕末の寛政年間(1789年~1800年)には、砲台が、また、明治に入ってからは、要塞がつくられ、第2次世界大戦中は、一般市民の立ち入りを禁止して、外国船の監視をしていたところです。

津軽海峡

「しょっぱい川」という川をご存知でしょうか?「塩からい川」・・・つまり津軽海峡の事で、北海道に住む、ご年配の方たちが使っていた言葉です。

本州から移住した方たちの、故郷を懐かしむ心が、このような言葉を生み出したものと思います。

たしかに、太平洋と日本海から入る潮の流れは「川」と呼んでもおかしくないほどに流れが速く(1時間に11㎞の速度)、むかしは渡るのに大変な苦労をしたそうです。

松前藩のお殿様が、江戸へ行くときには、津軽海峡を渡って、青森県の三厩へのコースを取りましたが、船が無事に三厩に着くと、合図のノロシをあげ、それをこちら側の白神岬で受けて、またノロシで城中に知らせ、藩士一同、登城して、お殿様の無事を祝ったということです。

石川啄木が、島崎藤村が、そあいて、三木露風が詩い、様々な人生を乗せた連絡船が行きかったこの海峡も、今では、世界一長い海底トンネルがつくられ、新幹線が本州と北海道をつないでいます。

 

北海道観光ジャンボタクシーの

ご予約・ご相談はこちら

お電話でのご予約・ご相談はこちら

TEL/FAX (0134)25-0204

関連おすすめコース

  • 【道南観光】3日間Aコース・3日間Bコースです。

    【道南観光】3日間Aコース・3日間Bコースです。

    • キロロ
  • 【札幌・小樽】札幌満喫6時間観光Cコース

    【札幌・小樽】札幌満喫6時間観光Cコース

    • 自然
    • 小樽
  • 【札幌・小樽】4時間観光Bコース

    【札幌・小樽】4時間観光Bコース

    • 自然
    • 小樽
  • 早回り3時間 札幌・小樽観光Aコース

    早回り3時間 札幌・小樽観光Aコース

    • 自然
    • 小樽