【積丹半島】女郎子岩観光案内です。


積丹観光タクシー・ジャンボタクシー・ジャンボハイヤー、北海道小樽観光タクシー高橋の積丹半島・女郎子岩観光案内です。

積丹ブルーの海にそびえ立つ積丹女郎子岩の伝説、昔義経が奥州からのがれて、積丹神威岬まで来ましたが、突然、海が荒れだし、船は海底深く沈んでしまいました。義経たちは、やっとの思いで積丹の浜辺にたどり着き、積丹アイヌの村長の家にお世話になりました。そこには積丹アイヌ村長の娘シララがいて、いつしか義経とシララの二人は愛し合うようになりましたが、それも長くは続きませんでした。兄頼朝の探索は厳しく、まだ望みを捨てきれない義経は、ある満月の夜、ひそかに積丹沖合へと船を漕ぎ出して行ったのです。これを知ったシララは、気も狂わんばかり、義経の名を叫びながら、岩伝いに後を追って行きました。しかし、恋しい義経の船は遠ざかるばかり、とうとう最後の岩に立ったシララは、沖を見つめて動こうともしません。ちょうどそのときです。満ちてきた潮が、激しい白波となってシララを飲み込み、大空高く盛り上がって、そのまま一つの岩になりました。それ以来、この乙女の化身からは、すすり泣く悲しげな声が聞こえてくると言われ、誰言うとなく【女郎子岩】と呼ばれるようになったと言う事です。