【礼文島】礼文島に咲く花観光案内です。


礼文島観光ジャンボタクシー、礼文島観光タクシー高橋の礼文島に咲く花観光案内です。

上の写真は、礼文島に咲くレブンウスユキソウ高さ10~30cm花は6月下旬~8月に咲きますが、花びらに見えるのは綿毛が密生した苞葉(ほうよう)と言います。礼文島の岩場や草地に生えエーデルワイスの仲間です。

CIMG0767

上の写真は、礼文島に咲くレブンアツモリソウ(ラン科)高さ20~30cm花は6月に咲き、茎は3~5cmほどあります。名前の通り礼文島の草地に特産します。あまりにも盗掘されるので、柵によって保護されるようになりました。

CIMG0812

上の写真は、礼文島に咲くレブンキンバイソウ(キンポウゲ科)、高さ20~40cm。花は6~7月に咲き、礼文島の草地に特産します。黄色い花びらに見えるのは花のガク片で、花弁は線形で、雄蕊と並んで、雄蕊よりな長いのが特徴です。

CIMG1009

上の写真は、礼文島に咲くイブキトラノオ(タデ科)、高さ30cm~1m。茎は枝分かれしません。花は7月~9月、3~8cmの穂状に多数咲きます。礼文島と利尻島の草地に群落をつくります。

CIMG0814

上の写真は、礼文島に咲くチシマキンレイカ(オミナエシ科)、高さ5~15cm。葉は厚みがあります。花は6~7月、礼文島の礫地(れきち)に咲きます。タカネオミナエシとも呼ばれます。

CIMG1933

上の写真は、礼文島に咲くエゾクロユリ(ユリ科バイモ属)高さ10~50cm3~5輪生する葉が数段にわたってつく。花期は6~8月花は鐘状で、茎先に1~数個斜め下向きにつける。