【知床】カムイワッカの滝観光案内


知床観光タクシー・ジャンボタクシー、北海道小樽観光タクシー高橋の知床・カムイワッカの滝観光案内

知床・カムイワッカ川、このあたりを知床・カムイワッカといいます。アイヌ語で「カムイ」とは神様「ワッカ」とは水のことをさしますが、ここでは「カムイ」を悪い神、魔物と訳し魔の水という意味です。知床硫黄山から流れ出ている知床・カムイワッカ川の水には、臭いの強い硫黄分が含まれていますので、アイヌの人達は、この水を飲むと死神をまねき、顔を洗うと、目がつぶれるとといって恐れられていたそうです。知床・カムイワッカ川は「湯の川」とも呼ばれておりますが、流れそのものが温泉で、いたるところに湯壺があり、とくに、千人風呂と名付けられた、大きな露天風呂は有名です。また、千人風呂あたり一帯には、白いエゾイソツツジの群落があり、6月の中頃には、残雪をしのぶかのように咲きみだれ、小鳥の声を耳に、露天風呂にひたる心地は、この世の天国といわれていなす。機会がありましたら、ぜひ、温泉の川や滝にお入りいただきたいと思います。

CIMG2039CIMG2043CIMG2035CIMG2036CIMG2038CIMG2037