【層雲峡温泉~旭山動物園~美瑛~富良野観光タクシー】


層雲峡温泉~旭川市~美瑛町~富良野市観光タクシーです。

上の写真は、層雲峡流星の滝・銀河の滝、写真右が流星の滝です。スーッと尾を引いて流れる流れ星にちなんで、この名がつけられています。90mの断崖から、一気にとどろき落ちる、豪壮なひびきは、力強い男性的な感じのするところから別名、男滝とも呼ばれています。(源は赤岳、エボシ岳)不動岩、流星・銀河の滝の間にそびえる岩を不動岩と呼んでいます。写真左は銀河の滝です。120mの高さから、キラキラと銀の糸を引いて流れ落ちるようすがやさしく、女性的な感じのするところから、別名女滝とも呼ばれています。(源は赤岳の銀泉台付近)

層雲峡について、100mから200mをこえる柱状節理の岩壁が、天高くえんえんと続く光景は、まさに日本一の素晴らしさです。さらに、いくすじもの滝がエゾマツ・トドマツの木の間をぬって流れ落ち、渓谷の美しさを一段と引たてています。ところで、神様がおのを振るって削った、とも思われるみごとな柱状節理はどうして出来たのでしょうか。この層雲峡の柱をつくっている岩石は、軽石や、火山灰が熱でかためられた溶結凝灰岩です。溶岩よりも軟らかくもろいもので、それが冷えてかたまるときに出来た割れ目がタテに走る場合は柱状節理、ヨコに走る場合は横臥柱状節理や板状節理と呼び、まれには放射状(放射状節理又は球状節理)に走ることもあって、根室花咲の車石がその代表的なものです。

CIMG1941CIMG1942

此方は層雲峡大函です。

CIMG2113CIMG2115

層雲峡大函、断崖にかこまれた函の中にに、石狩川がとじ込められてしまった感じのするところから、大函と呼ばれています。えんえんと続く柱状節理の岩壁も、この大函が終着点です。

大雪山国立公園、昭和9年、阿寒とともにしていされ、日本でもっとも大きな山岳公園で、その面積はおよそ23万ha、神奈川県とほぼ同じくらいの広さです。文筆家として、全国各地の紀行文をのこした大町桂月は、大雪山を「富士山に登って山岳の高さを語れ、大雪山に登って山岳の大きさを語れ」と、その雄大さをたたえ、「北海道の冠たるのみならず、九州になく、四国になく、中国になく、近畿になく奥羽になし、大雪山は実に天上の神苑なり」と、そのすばらしさを絶賛しています。また、たくさんの峰ばかりではなく、高原あり、火口有り、沼ありと変化に富んでいて、足元を這うように流れる雲や霧、真夏でも涼しさをさそう白い雪渓(残雪)、緑のじゅうたんのようなハイマツの群落、そして、可憐に咲ききそう高山植物にお花畑など、手つかずの自然がいっぱいです。また、近くには、層雲峡・天人峡・然別をはじめたくさんの温泉もあって、大雪山国立公園探勝の拠点となっています。

IMG_20150815_100915旭山動物園1

旭山動物園と旭山公園、桜の名所として知られている旭山公園は、5月中旬には、2000本あまりのエゾヤマザクラやソメイヨシノが開花します。この公園には日本最北の動物園、旭山動物園もあり、おなじみのキリン・ラクダなど149種786点が飼育されています。(平成16年4月現在)平成16年6月に開館した、あざらし館では円柱水槽からあざらしの泳ぐ様子を見ることができ、待ち時間の出る人気を呼んでいます。

IMG_20150723_132502IMG_20150913_132347

IMG_20150913_132854ST340056

美瑛町、十勝岳のふもと、上川盆地の南のはしにひらけた田園地帯で、麦・ジャガイモ・豆・ビートなどの畑作が中心です。なだらかな丘に畑作の緑、ラベンダーの紫、ピンクのコスモスなどが、まるでジュータンを敷きつめたように、美しい農村景観をつくっています。美瑛町「展望花畑四季彩の丘」は、展望が素晴らしい丘の街美瑛に15haもの広さを有しています。春から秋までのお花の季節には、数十種類の草花が咲き乱れる、花の楽園です。又写真ギャラリー「拓真館」など、美瑛の美しさを満喫したい人がおとずれています。ここは、明治27年、兵庫県の小林直三郎という人が、同志とともに入植したのがきっかけとなり、その後、いくつもの農場が作られて開拓が進みました。そして戦後には、旭川の第七師団演習場(6600ha)や、御料地(皇室の所有地、2900ha)など、広大な国有地でしたが、戦争で被害をうけた人達や、ひきあげてきた人達に解放されたものです。美瑛の地名のおこりは、アイヌ語の「ピイェ」から来ています。「ピイェ」とは、「油ぎった」という意味で、美瑛川が十勝岳から流れ出る硫黄分のために、白く濁っていたことから、こように呼ばれたものです。

IMG_20150913_070403IMG_20150913_070143IMG_20150913_070444~3IMG_20150913_091801~2IMG_20150913_100307~2IMG_20150913_095946~2IMG_20150913_070754~2IMG_20150913_071453IMG_20150913_071249IMG_20150913_070438~2

富良野市、「ヘソのまち・スキーのまち・ワインのまち」がキャッチフレーズの富良野市は、交通の要衝として発展した田園都市です。稲作をはじめ、ジャガイモ・タマネギ・ニンジン・アスパラ・スイカ・メロンなどの農作物が中心ですが、最近は「ふらのワインやラベンダー」も有名になって来ました。また、大雪山国立公園・富良野芦別道立自然公園の中心都市で、東京大学樹木園、国際的な富良野スキー場など観光資源にめぐまれ、さらにTVドラマ「北の国から」の舞台にもなって、全国から多くの人がおとずれています。地名はアイヌ語の「フラ・ヌ・イ」(匂いの持つところ)の意味で、これは十勝岳から流れ出る富良野川が、硫黄の匂いがするところから、名づけられたようです。

北海道のヘソ、ここ富良野市は北緯43度20分、東経142度23分に位置してます。これは北海道の中心にあたる所で、人間の体にたとえますと、ちょうど「おへそ」の部分に位置することから、富良野市では「へそ神社」を建て、ユーモラスな「へそ踊り」をつくり、「へそ祭り」を毎年(7月28日・29日)行い、「へそ」ついた特産品やお土産もつくられています。ところで、富良野市が北海道のへそなら「日本のへそ」は兵庫県の西脇市といわれており、そこでこの2つのマチは友好都市として、へそがとりもつ縁結びをしています。また、北海道の東西南北の中心が富良野なら重さのつり合いの取れる重心では狩勝峠の向こうの新得町です。これは、国土地理院が発表したものですが、JR新得駅に、そのモニュメントが建てられています。又西脇市が日本のへそという根拠は、日本列島の東西のほぼ真ん中で、日本の標準時を表す子午線の東経135度と、南北のほぼ真ん中の北緯35度が、ここで交わっているからです。ところが、それに対して、群馬県の渋川市から反論がでました。日本の北端、宗谷岬と、南端、佐多岬をギリギリの範囲で円を描いたとき、そのコンパスの軸が渋川市にあたるというものです。「北海道のへそ」も「日本のへそ」もどちらが正しのか、一方に軍配を上げると一方が「へそを曲げる」ので、むずかしい問題のようです。

ふらのワイン工場、清水山にワイン工場があります。最近はワインは洋食ばかりでなく、天ぷらなどの和食にも合わせて、気軽に味わう方がふえているようです。みなさまは、ワインはお好きでしょうか?今、北海道では各地でワインづくりが盛んですが、ここ、ふらのワインはフランス産のぶどう、セイベル種と山ぶどうのブレンドによって造られています。

富良野盆地、東西を大雪火山群と、夕張山系、南を日高山脈にかこまれ、その間を流れる空知川がつくった盆地です。盆地気候の特色として、暑さと寒さの差は大きいのですが、日照時間も長く日射量も豊富です。そのため、盆地のまわりには畑がひらけ、真ん中は水田地帯で、北海道の米どころとなっています。