【小樽】銀鱗荘観光案内です。


小樽観光タクシー・ジャンボタクシー、北海道小樽観光タクシー高橋の小樽・銀鱗荘観光案内です。


銀鱗荘、高台にあるお城のような建物が銀鱗荘と言います。北海道独特のニシン漁場建築で、以前、余市のニシン場の親方だった、猪俣氏の邸宅をこちらへ移したものです。只今は、観光ホテルとして使われています。銀鱗荘は、越後の出身で、もと余市のニシン場の親方だった猪俣氏の邸宅でした。明治6年に建てられ、明治30年に3年がかりで大改築されたものです。越後の宮大工(米山仙蔵)の設計で、本館は木造▪瓦葺き2階建で、北海道産のトドマツ▪タモ▪センを用い、土台の御影石はすべて本州産、屋根は家紋入りの若狭(福井県)瓦を使っています。屋根の端に、木彫りの「しゃちほこ」があるのもユニークですが、なんといってもこの建物の特徴は、屋根の上の「望楼」です。お城の天守閣を思わせる、この望楼のたたずまいは、昔の千石場所がどんなに栄えていたのかを伝えております。また、望楼には釘が1本も使われておらず、それでいて、強い風にも耐えられるように、工夫されていると言うことです。