【北見市・温根湯温泉】温根湯温泉観光案内です。


北見市・温根湯温泉観光タクシー・ジャンボタクシー、北海道小樽観光タクシー高橋の北見市・温根湯温泉観光案内です。

北見市温根湯温泉、温根湯とはアイヌ語の「オンネ・ユ」大きい温泉又は年老いた温泉という意味です。武加川のほとりに、春はエゾムラサキツツジ、夏はしたたる緑に、秋は紅葉、そして冬はスキーと四季それぞれ楽しむことの出来る温泉郷です。中でも夕闇にせまる武加川の流れの中を、珍しい神輿の川渡御は、この地方の夏の風物詩の一つです。

(泉質は硫化水素泉で神経痛・リュウマチに効き目がある。43度~55度で湧いています)写真は道の駅温根湯のからくり時計カムリンです。

下の写真は、最近話題の北見市温根湯温泉、山の水族館です。北海道の川や湖に住む淡水魚を集めたもので、ニジマス・ヤマベ・イワナなど50種3000匹余りを育てています。特に幻の魚、イトウがゆうゆうと泳ぐ様子は、さすがに王者の貫録を感じさせます。巨大ナマズや世界の珍しい熱帯魚も見る事が出来ます。

CIMG2985

CIMG2984CIMG2986

CIMG2987CIMG2988CIMG2990CIMG2989

また、山の水族館の隣には、北海道の観光マスコット、キタキツネの牧場があります。およそ3haの自然林を金網でかこって、キタキツネ100匹余りを放し飼いにしています。自然歩道にキツネたちがひょっこり顔をのぞかせ、エサをねだるしぐさはとてもかわいいものです。

きたきつね牧場1_2きたきつね牧場2キタキツネ_thumb