【北海道】北海道の鮭(サケ)観光案内です。


北海道観光タクシー・ジャンボタクシー、北海道小樽観光タクシー高橋の北海道の鮭観光案内です。

北海道のサケ(鮭)、北海道の秋を代表する味覚で、北海道では通称「秋あじ」といいます。鮭そ上の本拠地、北海道ならではの呼び名です。平均2.2%の高い回帰率で、年間2300万匹が捕獲されます。サケは平安朝の頃からカツオやタイと並んで重要な食品とされ、宮中での祀りごとに欠かせないものでした。一般的にサケの味は、川を上る直前に海で捕獲したものが美味しいとされますが、11月初旬に北海道オホーツク北部の沿岸を通過して宗谷海峡にぬける「メジカ」と呼ばれる種類は、誰もが認める最高級品、本物の北海道の秋味といわれています。代表的な料理としては、石狩鍋、塩焼き、ルイベ、フライ、バター焼き等で、頭は三平汁やナマス、肝は塩をふって串焼きに、腎臓はメフンという塩辛に利用され、通の間で持て囃されます。また、イクラ丼は、鮭の漁場で始まった食べ方ですが、今や超人気の北海道の郷土料理の一つとなりました。作り方は簡単で、成熟した卵をぬるま湯の中でバラにして、みりんと醤油で一晩漬け込んだイクラを、ノリを敷いたご飯にたっぷりととかけ青じそを添えるだけです。ちなみにスジコ(筋子)とイクラの違いは、卵巣の膜に収められたままのものをスジコ、成熟卵を一粒づつにしたものをイクラと呼びます。生のものを購入する場合、メスには卵巣(スジコ)が入っていますが身の味はオスの方が上等です。

IMG_20150901_210511