【北斗市】当別男子トラピスト修道院観光案内です。


北斗市観光タクシー・ジャンボタクシー、北海道小樽観光タクシー高橋の北斗市・当別男子トラピスト修道院観光案内です。

北斗市当別に有る、北斗市当別男子トラピスト修道院、北斗市当別男子トラピスト修道院は、函館のトラピスチヌ女子修道院とともに、ローマカトリック教の一派、トラピスト・シトー会の経営によるもので、明治29年、フランスからの帰化人、岡田普理衛によって創設されました。日本の男子修道院は、ここ北斗市当別と、大分県に分院があるだけです。修道院の生活は、女性のトラピスチヌ修道院の場合とだいたい同じで「自分たちの生計は、自分たちの労働だけで支える」という方針をつらぬき、現在は50余名の修道士が、祈りと労働の日々を送っています。ここで作られている、トラピストバターやクッキーはとても美味しく、おみやげとして好評です。なお、この修道院のマリア像は、クスノキの一本木を彫った、等身大のもので、腕まくりをしてキリストを抱くその姿は、祈りと労働によって、神と人々に奉仕するという、トラピストにふさわしいといわれています。豊かに広がるなだらかな高原、永遠に鳴り響くアンジェラスの鐘、ひたすら神の教えにいそしむ聖なる人々の姿は、聖地のおもむきが感じられ、大変印象的です。

CIMG2452CIMG2450CIMG2449CIMG2448CIMG2453CIMG2454