【阿寒湖】阿寒湖観光案内&阿寒湖マリモ観光案内です。


阿寒湖観光タクシー・ジャンボタクシー、北海道小樽観光タクシー高橋の阿寒湖観光案内&阿寒湖マリモ観光案内です。

阿寒湖は、周囲26㎞、一番深い所が45mのややひし形の湖です。阿寒カルデラの中に、雄阿寒岳が噴き出したとき、その噴出物によって、阿寒川がせき止められてできた阿寒湖です。阿寒湖、湖岸はまがりくねって変化に富み、ほとんど水ぎわまで、赤エゾ松・トド松などの原始林におおわれた阿寒湖は、「森の湖」です。阿寒湖の中には、オンネモシリ(大島)、ポンモシリ(小島)、ヤイタイモシリ(雑木が茂っている)、チュウルイモシリ(流れの早い)の4つの島が浮かんでいて、このチュウルイモシリの北側にマリモが生息しています。また、阿寒川となって流れ出す滝口付近にも、十九列島と呼ばれる小さな島が、その名の通り19あって、すばらしい景観を見せてくれます。

CIMG1376CIMG1375

CIMG1366CIMG1378

CIMG1368CIMG1379

CIMG1372CIMG1373

CIMG1374CIMG1365

img_20160704_121439img_20160704_121433

img_20160704_121333img_20160704_121341

img_20160704_121359

阿寒湖観光ジャンボタクシー、阿寒湖観光タクシー高橋の阿寒湖マリモ観光案内です。

阿寒湖のマリモについて、阿寒湖のマリモは北海道で最初に天然記念物の指定を受けました。鮮やかな緑色の美しいビロード状の丸い藻で、大きいものは直径30cm以上から、小さいものは1㎝ほどのものまでさまざまです。20㎝以上のもので数万個、小指の先位の小さいものまで入れると数億個にものぼると言われております。マリモは阿寒湖ばかりではなく、北アメリカ、北ヨーロッパ、ロシアなど北緯45度より北の淡水湖でみられます。国内では、青森県の左京沼、富士山麓の山中湖、河口湖でも発見されていますが、その大きさ、美しさは、阿寒のマリモに及ぶものがないと言われております。マリモは、シオグサ科の淡水藻(というのが定説ですが、最近の研究では新たな説もでているようです。)で、1本、1本細いうちに糸のような藻が微妙にからみあって、長い年月のうちに丸い形を作って行くそうですが、水温、水質、水流などの条件が揃っていなければ、なかなか丸くならないそうで、阿寒湖のようになるのは珍しく、それだけに貴重なものです。また、成長して大型になると、その形を保つことが出来なくなって壊れてしまいますが、この壊れたかけらがふたたび集まって小さなマリモとなります。普通、野球のボール(6.4㎝)位に成長するまで、およそ150年~160年はかかるということです。しかし、条件などによって最も早いもので5年~10年で10~20㎝の大きさに成長するともいわれております。未知のの部分がまだまだあり、研究途中ということです。阿寒湖のマリモが発見されたのは、明治27年ですが、明治30年、札幌農学校(現・北海道大学)の学生だった、川上龍弥氏によって採取され、世界的な植物学者、宮部金吾博士の協力を得て、「マリモ」と名付けられました。大正10年に天然記念物、さらに、昭和27年には、特別天然記念物に指定され、大切に保護されています。一時は盗んで持ち帰る人や、本州へ売りさばく人などがいて、その数が減ってしまいましたが「マリモを故郷の湖へ」の返還運動がおこなわれ、3500個ほどのマリモが生まれ故郷の阿寒湖へ戻ってきています。アイヌの人達はこのマリモを「トーラサンペ」《湖の妖精》と呼んで大切にし、毎年、秋も深まる10月初め、マリモがなくならないように祈る「マリモ祭り」を行っています。