【釧路】釧路湿原観光案内


釧路観光タクシー・ジャンボタクシー、北海道小樽観光タクシー高橋の釧路湿原観光案内です。

釧路市・釧路湿原展望台、釧路湿原を一望できる展望台です。面積は、およそ2万9000haに及び、日本最大の湿原「釧路湿原」は原始的景観を保ち、学術的にも貴重な動植物が生息しています。この展望台は、湿原に多い「谷地坊主」をモチーフにしたユニークな建物で、1階は売店・レストラン、2階は資料展示室、3階は展望室になっております。また、展望台の屋上バルコニーからの眺めも素晴らしく、遠く雄阿寒岳・雌阿寒岳を背に、広大な釧路湿原を360度見渡すことが出来る所です。

谷地坊主=植物のスゲ類の根が、土をからめて固まり、まわりの土が水に流されて坊主頭のように盛り上がっている状態。

釧路湿原国立公園、この釧路湿原は、東北海道の拠点釧路市に隣接する日本最大の湿地帯で、北海道で6番目、日本では28番目の国立公園として誕生いたしました。(昭和62年7月31日指定)これまでの国立公園は、山岳美や海岸線など、地形で選ばれていましたが、この釧路湿原は、原始的な景観はもちろん、貴重な動植物の生息地であることが高く評価されたもので、湿原だけの国立公園は、全国でも初めてのものです。東西17㎞、南北36㎞、2万9000ha(国立公園指定は2万7000ha)の広さを誇り、これは全国に233カ所あるという、湿原総面積の59%あたります。また、有名な尾瀬や、稚内に近いサロベツ湿原にくらべて、標高2~10mの低い所にあるのが特徴です。おもに、ヨシやスゲの泥炭地ですが、たくさんの小川がからみ合い、そのところどころに、ヤチハンノキ、ヤチヤナギが生い茂って、単調な景観にアクセントをつけています。そして、その中には、ガンコーランやコケモモなどの高山植物・水生植物のミツガシワ・食虫植物のコタヌキモなど、およそ200種の植物と、タンチョウをはじめ、氷河時代の生きた化石といわれるキタサンショウウオ、日本ではここでしか見られないエゾカオジロトンボなど、200種の動物類が生息しています。(昭和55年、ラムサール条約の登録湿地第1号に指定されており、「世界の財産」という折り紙もつけられています。)

ラムサール条約=正式は「水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約」イランのラムサールの会議の際、条約が定められたのでこの名で呼ばれています。

谷地坊主、湿原の中にデコボコと盛り上がっているのは、釧路湿原展望台のモチーフにもなっている谷地坊主です。ヤチとは「湿地」のことで、湿地の中にボコボコト坊主頭のように、盛り上がっている所から「谷地坊主」と呼ぶわけですが、これは植物のスゲ類(ヒラギシスゲ等)が根を張って土を固めた後、まわりの土が水に流された結果できるものです。スゲの成長とともに高さ1mにもなるそうで、春先、前の年の枯れ葉が垂れ下がって、ザンバラ髪の生首のようになり、これが並んでいる光景は、不気味な感じがするそうです。また、湿地帯には「ヤチマナコ」もあります。盛り上がる谷地坊主とは反対に、これはヨシ原の中にかくれている丸い深い穴です。もちろん水が溜まっていて、すぐ近くまで行ってもなかなか分からず、人や馬が落ち込むと、はい上がることが出来ません。マナコというのは「目」の事で、ヤチマナコはヨシ原の間から、湿原に近づく者を、目ばたきもせず、じっと待っている様子をたとえていったものです。大自然の演ずる湿原のミステリーをご紹介致しました。

CIMG1865CIMG1867

CIMG1872CIMG1869