【紋別市】紋別市観光案内です。


紋別市観光タクシー・ジャンボタクシー、北海道小樽観光タクシー高橋の紋別市観光案内です。

オホーツク紋別市、北の宗谷岬から知床岬まで、およそ400kmほど続くオホーツク海沿岸の、ほぼ中間に位置する紋別市は、水産と酪農の街です。以前の紋別市は、漁業一本槍の街でしたが、漁場の大部分をロシアの水域に頼っていたので、200カイリ時代を迎えてからは相当大きなダメージを受けました。現在の紋別市は、スケトウダラを中心とした沖合底引網漁をはじめ「獲る漁業」から「育てる漁業」への転換を図って、ホタテ養殖や水産加工にも力を入れており、酪農とともに紋別市の経済を支えています。この紋別市には4年制大学「道都大学」があります。道都大学は、札幌キャンパスと紋別キャンパスからなっており、紋別キャンパスは単科で社会福祉学部(社会福祉学科)が設置されております。(本部は札幌キャンパスにあり美術学部、経済学部の2部制)紋別市では「流氷研究国際都市」のキャッチフレーズにふさわしい、特色のある事業にも取り組んでいますが、一年を通じてオホーツクの神秘、流氷を体験できる北海道立流氷科学センターは、道外からのお客様に喜ばれています。また、流氷の押し寄せるシーズンになりますと、大きな氷の像が幻想の世界を創る「もんべつ流氷まつり」(2月上旬)や、白い流氷原の中にニョキニョキと彫刻が立ち並ぶ「流氷アートフェスティバル」などが行われ、紋別港では、観光客を乗せた砕氷船ガリンコ号が、氷を砕く大きな音をたてながら、厳しい寒さのオホーツク海を走ります。

CIMG0909CIMG0897CIMG0895CIMG0902CIMG0898CIMG0900CIMG0903CIMG0904CIMG0911CIMG0910CIMG0912