【積丹町】積丹神威岬観光案内です。


積丹町観光タクシー・ジャンボタクシー・ジャンボハイヤー、北海道小樽観光タクシー高橋の積丹神威岬観光案内です。

積丹半島神威岬は、積丹神威岩のほか、積丹念仏トンネル、積丹メノコ岩、積丹水無しの立岩、積丹ノナマエ洞窟、積丹サメの泳ぐのが見えるというサメ穴など、たくさんの見どころがあります。中でも念仏トンネルは、両サイドから掘り始めた穴が、途中で食い違ったためにまがっていて、真ん中辺りは真っ暗で、手探りで歩かなければならず、スリルと楽しさを、一度に味わえる所でしたが、現在は落石など危険な為通行止めになっています。また、先端には明治21年(北海道で2番目)に建てられた、神威岬灯台が立っています。神威岬の婦女通行の禁、神威岬付近は、天気の良い日でも波の高いことが多く、むかしは、少し荒れだすと、小さな船ではなかなか通る事が出来なかった難所で、蝦夷三険岬(茂津多、神威、雄冬)の1つに数えられいた所です。ところで、松前藩時代には、この岬から北へは、女性が行く事を認めておりませんでした。それは松前藩ではこの岬から北は、和人の定住を禁じていて、そこに女性が入るということは、定住を意味したからでした。和人が交通の不便な奥地に、どんどん入るようになっては、藩の力で、とても取り締まる事が出来なくなるからです。したがって、奥地に入るのは、ニシン漁へ行く男だけに限られていて、恋しい人との別れを惜しむ、妻や恋人の思いが、「恨みますぞえ、お神威さまは、なぜに女の足止める」「忍路高島およびもないが、せめて歌棄磯谷まで」と、追分節にもうたわれています。この女人禁制の掟が解かれたのは、安政3年(1856)、蝦夷地を幕府が直接おさめるようになった翌年の事です。宗谷へ赴任するお役人、梨本弥五郎が、初めて妻子をつれて、この岬を通過しております。