【大雪山旭岳・旭岳ロープウェイ】大雪山旭岳・旭岳ロープウェイ観光案内です。


CIMG2197CIMG2196

CIMG2195CIMG2169

大雪山旭岳・旭岳ロープウェイ観光タクシー・ジャンボタクシー、北海道小樽観光タクシー高橋の大雪山旭岳・旭岳ロープウェイ観光案内です。

大雪山旭岳ロープウェイ、101人乗りのゴンドラがふもとの旭岳駅から姿見の駅まで全長2.4㎞標高差500mを運転時間10分でいっきに運び上げてくれます。そこから旭岳の影をうつす「姿見の池」(標高1670m)までは歩いておよそ20分、キバナシャクナゲ・コケモモ・エゾノツガザクラ・チングルマなどの高山植物が可憐な花を咲かせる季節は、アイヌの人達が「カムイ・ミンタラ」「神々の遊ぶ庭」と呼んだように、まさに天上に遊ぶ心地ですが、紅葉に染まる旭岳の美しさも格別です。また、冬は大勢のスキーヤーが訪れて、白銀にシュプールを描きます。

大雪山旭岳スキー場、日本でシーズンの一番早くから一番遅くまで(10月中旬から5月中旬まで)スキーを楽しめるところです。つまり、雪の降るのも一番、とけないのも一番というわけです。樹海を縫う4500mの上級者コースを始め、5つのコースがあり、スキーヤーのメッカとなっております。

旭岳温泉、旭岳のふもと、1050mの地点に湧き出ている温泉で、リュウマチ・冷え性に効くといわれています。(泉質は石膏泉)また、ここの名物の一つに、南米産熱帯魚テラピア料理があります。旭岳温泉を利用して養殖したもので、高級魚の鯛に似ていることから、旭鯛と呼ばれ、白身のひきしまった身は鯛やヒラメに負けないそうです。

CIMG2164CIMG2171

CIMG2172CIMG2183

CIMG2181CIMG2182

CIMG2174CIMG2173

大雪山旭岳登山、北海道の屋根大雪山の主峰、大雪山旭岳は標高2290m、もちろん北海道の最高峰です。あの大雪山旭岳へは、以前は天人峡温泉から一日がかりで登ったものですが、今では旭岳温泉から道が開け、7合目付近にある「姿見の池」まではロープウェイで展望を楽しみながら登る事が出来ます。姿見の池は、直径が50mほどの小さな池ですが、そこから頂上までは、わずか2㎞、およそ1時間半で登ることが出来ます。

CIMG2165CIMG2166

CIMG2167CIMG2168

CIMG2193CIMG2189

CIMG2178CIMG2179

CIMG2190CIMG2191

CIMG2192CIMG2188CIMG2185CIMG2175

CIMG2184CIMG2186

CIMG2176CIMG2187