【恵庭市】紅葉の恵庭渓谷周辺観光案内です。


恵庭市観光タクシー・ジャンボタクシー、北海道小樽観光タクシー高橋の紅葉の恵庭渓谷周辺観光案内です。

は~い今回は、 今が紅葉のピークの恵庭渓谷周辺の観光で~す。(^_^)v

写真は漁川沿いの紅葉で~す。

漁川は、北海道恵庭市を流れる石狩川水系千歳川支流の延長46.8㎞の一級河川です。

水源は漁岳で漁川の支流ラルマナイ川に恵庭渓谷が有ります。

此方は、漁川ダム下に有る、自由広場の紅葉です。

漁川ダムは、北海道恵庭市、一級河川漁川に建設された特定多目的ダムです。

堤高45.5m、提頂長270mで中央部に粘土など水を通さない壁を設ける「中央土質遮水壁型ロックフィルダム」という型式のダムです。ダムによって出来たダム湖は恵庭湖です。

建設:1980年

総貯水容量:15300000㎥

利用目的:洪水調節・不特定利水・上水道

 

此方が漁川の支流、ラルマナイ川恵庭渓谷、三段の滝付近の紅葉です。

その名の通り、白い帯が三段になって恵庭渓谷を割る様に流れ落ちる事から名付けられました。また、この三段の滝の奥地に熊の沢と言う沢地に、源義経の財宝が眠るという黄金伝説が有ります。

此方がラルマナイ川恵庭渓谷、ラルマナイの滝の紅葉とその周辺です。

野趣あふれる恵庭渓谷の大木の間から雄々しい姿で流れ落ちる滝です。「ラルマナイ」とは、アイヌ語で水無沢と訳し、一説には沢の両側がきりたち、急流で滝になっている所の意味です。

此方は白扇の滝、高さ15m・幅18mで真っ白な扇を広げたような優美な姿に見えることから名付けられました。過去には北海道観光百景の河川渓谷・滝の部で第6位に選ばれ、恵庭渓谷第一の名勝地となっています。