【川湯温泉】弟子屈町・川湯温泉観光案内です。


川湯温泉観光タクシー・ジャンボタクシー、北海道小樽川湯温泉観光タクシー高橋の弟子屈町・川湯温泉観光案内です。

弟子屈町・川湯温泉、屈斜路カルデラの中央部(を占めるアトサヌプリ火山群の中)に開けた温泉で、弟子屈町・川湯温泉街を湯の川が湯煙を上げて流れています。この弟子屈町川湯温泉は、硫黄山(アトサヌプリ)から湧き出ているもので、地下を流れている摂氏56度の熱いお湯の層を浅く掘って利用しています。深く掘れば掘るほどにに、逆に冷たい水が湧いてくるという変わった所です。泉質は草津温泉と同じで、日本でも珍しく酸性の強い硫黄と、硫化水素泉で、慢性皮膚病・外傷・リュウマチ神経痛などに効き目があります。(アイヌの人達は「セセクぺツ」湯の川と言っていた所です。)

CIMG2024CIMG2025

川湯温泉に有る川湯相撲記念館、弟子屈町川湯温泉は不滅の名横綱とたたえらえれる第48代横綱大鵬が、少年時代を過ごし、大きな夢を育てた郷里です。優勝32回、そのうち全勝優勝8回、6場所連続優勝は2回あり、連勝記録は双葉山の69につぐ45という、相撲市場に数々の金字塔を打ち立てた大鵬の偉業を後世に伝える館内には、すべての優勝額や化粧回し、少年時代からの写真の他、歴代横綱の写真などがびっしり。特に名勝負・名場面の映画は迫力たっぷりで一見の価値ありです。「巨人・大鵬・卵焼き」が流行語になった懐かしく熱い時代へ、あなたもタイムスリップしてみませんか。