【屈斜路湖】道東・屈斜路湖観光案内です。


屈斜路湖観光タクシー・ジャンボタクシー、北海道小樽観光タクシー高橋の屈斜路湖観光案内です。

屈斜路湖、アイヌ語で「クッチャロ」喉口という意味です。昔この屈斜路湖が釧路川となって流れ出す「のど」にあたる部分に、クッチャロコタンがあり、その名をとって屈斜路湖となったものです。屈斜路湖は周囲57km、面積およそ80平方㎞、一番深い所が118m、大部分が40m前後の深さを持つ、カルデラ湖です。(カルデラはスペイン語で鍋という意味ですが、土地が陥没して出来た大きな窪地の事で、そのカルデラの底の部分に水が溜まって出来た湖の事をカルデラ湖といいます。この屈斜路湖カルデラは、面積400平方㎞で、九州の阿蘇カルデラをしのぎ、スマトラのトバ湖カルデラに次いで、世界第2位と言われています。)(カルデラは、その中心や周囲など、地殻の弱い所に、新しい火山を噴出する特徴を持っていて、湖に浮かぶ中の島や和琴半島のオヤコツ地獄、硫黄山、摩周湖を抱く摩周岳などは、そうして出来たものです。)湖の中に大きく横たわる中の島は、屈斜路カルデラに出来た二重式火山で、水面からの高さは355m、周囲12㎞、島全体が原始林に覆われています。この湖には以前、トゲウオ・ニジマス・イトウ・ヤマベなど、沢山の魚が生息していましたが、昭和13年、屈斜路湖を震源とする地震があり、酸性の強い温泉が湧きだしたため、今ではわずかにウグイがいる程度ということです。また、湖岸には和琴・仁伏・砂湯・赤湯・池の湯などの温泉があり、付近のキャンプ場と共に賑わっています。

CIMG1562CIMG1561

IMG_20160703_113943IMG_20160703_113952

IMG_20160814_153810IMG_20160814_153818

御神渡り、この屈斜路湖は冬になると、湖全体が氷で覆われ、ときおり「御神渡り」現象が見られます。御神渡りは長野県の諏訪湖が有名ですが、寒さが厳しくなって、湖の表面が凍るとき、その氷は夜間と日中の気温の変化によって、収縮と膨張を繰り返します。寒さのきつい夜、収縮で氷の表面に亀裂ができ、そこにしみ込んだが、翌朝までにまた凍ります。出来立ての氷は、古い氷からはみ出して押し上げられ、アンコがはみ出したように盛り上がります。これが「御神渡り」現象で、諏訪湖付近では、男の神が女神のもとへ通った跡だと言い伝えられ、「神が渡る」と書いて「御神渡り」の名が付けられています。屈斜路湖は大きな湖ですから、人の背丈ほどもある、大きな御神渡りができ、美幌峠などの高台からは、幾何学模様をみるようです。また、この屈斜路湖で御神渡り現象が見られるのは、1月下旬から2月中旬までの、ほんわずかな期間ですが、ドーン、ガリガリという大音響をとどろかせることもあって、まことに豪快で神秘的だと言うう事です。(御神渡り現象は、諏訪湖・屈斜路湖のほか、榛名湖(群馬県)野尻湖(長野県)松原湖(長野県)長沼(宮城県)などで見られる。)

CIMG2015CIMG2014

釧路川への入り口とそこからの屈斜路湖です。

CIMG2012CIMG2013

CIMG2009CIMG2010

CIMG2011

屈斜路湖畔コタン温泉です。