【小樽市】小樽朝里ダム・奥沢水源地・小樽天狗山観光案内です。


【小樽市】小樽市観光タクシー・ジャンボタクシー、北海道小樽観光タクシー高橋の小樽朝里ダム・小樽奥沢水源地・小樽天狗山観光案内です。

小樽の歴史、ここ小樽に、和人が姿を見せるようになったのは、今から320年ほど前の寛文9年(1669年)松前藩(氏家氏の知行場所)と、アイヌの人達が交易を始めてからのことです。しかし、松前藩に雇われた商人や、ニシン漁の人達が、おおぜいやって来るようになったのは、それから100年も後の事で、しかも、当時は、和人の定住を認めていませんでしたので、秋になると、みんな引きあげてしまい、もとの静かなアイヌコタンに戻るとという状態でした。和人の定住が許されたのは安政3年(1856年)明治維新のわずか12年前です。以来、地理的条件にもめぐまれて港として、発展をしてきました。

IMG_20151018_072031~3IMG_20150829_105325IMG_20150829_105657IMG_20150829_104621IMG_20150829_105611IMG_20150829_105847

朝里ダム、朝里川をせき止めてつくられた重力式コンクリートダムで、洪水調節や水道用水などを目的としてつくられました。なお、朝里川は、朝里岳(標高1281m)から流れ出て、日本海にそそいでいます。オタルナイ湖、朝里ダムによって誕生した人造湖、面積43ha、880万㎥の水を貯える事が出来ます。なお、オタルナイとは、小樽市の地名の由来となったアイヌ語ですが、その意味は「砂の路の川」「砂浜の中の川」などいろいろあるようで、はっきりしておりません。朝里ダム、高さ74m、長さ390mです。ループ道、大きく弧を描く道路が「空に架ける輪」と言う意味でしょうか、スカイループと呼んでいます。これも朝里ダム建設によって生まれた道路ですが、雪も多く、寒さのきびしい北海道では、もちろん初めてのケースです。1㎞余り円を描きながら、標高差55mを上下して行きます。

IMG_20150827_141602IMG_20150827_141551

IMG_20150827_141737IMG_20150827_141701IMG_20150827_141943IMG_20150827_142000

小樽奥沢水源地、水管橋からの水すだれです。小樽市の水道は大正3年に創設した奥沢水源地に始まり現在までの普及率は99.9%です。

IMG_20150309_102436IMG_20150309_102402

IMG_20150309_102525IMG_20150309_102500

IMG_20150309_121250IMG_20150309_124745IMG_20150309_124807IMG_20150309_123909IMG_20150309_123921IMG_20150309_123825

IMG_20150309_121744IMG_20150309_123900

IMG_20150309_124154IMG_20150309_121704

天狗山、標高532mとあまり高い山ではありませんが、展望は小樽市街はもちろん、港や石狩湾をはじめ、積丹半島、さらに遠くの増毛連峰を一望のもとに眺めることができ、とくに、夜景のすばらしいところです。ロープウェイで山頂(8合目)まで上がりますと、スキーに関する資料、100種類、天狗の名にちなんで、日本各地から集めた、700点あまりの天狗のお面がならぶ「天狗の館」があり、「シマリス公園」や、草の上をすべりおりる、ドイツ生まれの夏のソリ「スライダー」は、子供たちの人気を呼んでいます。山頂付近は、自然景観保護地区にも指定されていて、遊歩道も整備されています。また、冬は海の見えるスキー場として、全国的にも知られ、四季を通じて市民や観光客に親しまれております。スキーの街小樽、ここ小樽は、ほんとうに山坂が多く、雪もたくさん積もりますので、むかしは冬になると、街全体がスキー場のようなものでした。したがって、スキー熱も高く、大正11年には、第1回全国スキー大会が行われています。また、多くの名選手を生み出し、戦前のオリンピックなど、国際競技に出場した選手は、小樽勢がほとんどで、日本のスキーの歴史は、小樽によって作られたといっても過言ではありません。