【小樽】北の誉酒泉館観光案内です。


小樽観光タクシー・ジャンボタクシー、北海道小樽観光タクシー高橋の北の誉酒泉館観光案内です。

北の誉酒泉館、野口吉次郎、喜一郎、安政3年(1856)石川県河北郡花園村二日市に生まれ、7歳から養子先を4回も変わり、28歳に金沢の野口家の養子になり、野口吉次郎と名を変えます。明治9(1876)年に北海道に渡り入舟町で古着の行商を始め、間もなく石橋商店の杜氏となり、明治23(1890)年に主家石橋の「マルヨ」ののれん分けで店を構え独立しました。3年後には札幌北の誉の始祖で弟の長次郎、旭川北の誉の始祖で同郷の岡田市松と重次郎が手伝いに入ってきます。明治34(1901)年には酒造を開始し、明治35(1902)年には奥沢に酒造所を建て、明治36(1903)年に「北の誉」の商標登録をしました。北の誉酒造は現在「酒泉館」として試飲の出来る研修施設を設置しています。喜一郎は吉次郎が石橋商店で杜氏をしていた明治20(1887)年に生まれました。潮見台の丘の上の「和光荘」は「北の誉は野口の誉」ともてはやされた喜一郎設計の大正建築。「大正11(1922)年建築、木造4階建一部鉄筋コンクリート造り、天皇皇后両陛下が昭和29(1954)年8月にご来道の際、小樽での宿所となった由緒ある建物である」という看板が立っています。残念ながら北の誉酒泉館は10月31日で閉館となってしまいます。

和光荘、大正11(1922)年建築、木造4階建一部鉄筋コンクリート造