【小平町】小平町鬼鹿・旧花田家番屋観光案内です。


小平町観光タクシー・ジャンボタクシー、北海道小樽観光タクシー高橋の小平町鬼鹿旧花田番屋観光案内です。

小平町に有る、小平町鬼鹿旧花田家番屋です。ニシンの千石場所で栄えた、小平町鬼鹿の広富海岸には、国の重要文化財に指定されている、小平町鬼鹿に花田家の番屋が有ります。「番屋」とは、エゾと呼ばれたころの北海道独特の言葉で、もともとは松前藩時代、各地の漁場にあった交易場所、いわゆる運上屋の出先機関でしたが、のちに一般にニシン漁家のことをさすようになりました。そして、この番屋を中心に網倉や船倉・工作場などが幾棟も建っていたのです。花田家番屋は明治30年代、留萌管内随一と言われたニシン場親方、初代花田伝作が建てたもので、現在北海道に残っているニシン漁場の建物としては、1,2を争う大きなスケールを持っています。ニシンの全盛期には親方の家族のほか、出稼ぎ漁夫150人と、鍛冶職・船大工などの職人や使用人たち、合わせて200人が寝泊まりしていました。この番屋の特徴は、小樽や寿都などに残るニシン御殿と違って、構造・材料とも極めて質素だと言う事です。木材は全部地元のセン・カツラ・ナラなどを使い、壁もしっくいなどではなく、すべて板に紙張り、スケールの大きさに比べると、ニシン大尽の生活が驚くほど質素だったことを物語っています。(木造一部二階建て、建坪およそ270坪)なお、花田家番屋の傍らには、開拓の歴史資料を集めた郷土資料館があります。

CIMG0731CIMG0730