【定山渓温泉】紅葉の定山渓温泉観光案内です。


定山渓温泉観光タクシー・ジャンボタクシー、北海道小樽観光タクシー高橋の紅葉の定山渓温泉観光案内です。

定山渓温泉の名は、明治2年、この定山渓温泉を開いた「美泉定山」というお坊さんの名前から付けられたものです。定山和尚は岡山県の方で、若いころから真言宗の修験者として諸国を巡り、当時は小樽の張碓に住んでいました。定山和尚は、アイヌの人たちから、山の向こうに、傷ついた獣が入る、お湯の川があることを聞き、ここ定山渓温泉をたずねて、温泉を見つけたのです。初めは満足な道もなく、そまつな小屋だけの湯治場でしたが、開拓史によって、豊平川ぞいに道路がつけられますと、訪れる人も多くなり、浴室や宿泊所も建てられました。定山和尚も湯守りを命じられ、扶持米、今でいう、お給料制で働いていましたが、いつの間にか行方不明になってしまったそうです。その後、定山和尚の消息は、ようとして知れず、最近昭和62年になって、明治10年11月に、小樽で亡くなっていたことが解りました。しかし、なぜ定山渓から姿を消してしまったのか、今もって謎につつまれたままです。温泉の泉質は、食塩泉、硫黄泉、鉄鉱泉など、その種類も豊富です。

定山渓時雨橋付近の紅葉です。