【北海道】北海道の魚・カレイの観光案内です。


北海道観光タクシー・ジャンボタクシー、北海道小樽観光タクシー高橋の北海道の魚カレイ観光案内です。

カレイ、一口にカレイと言っても、日本の食卓にのぼるだけで20種類以上もあります。北海道のカレイの代表格はマガレイ、宗八(ソウハチガレイ)、黒頭(クロガシラカレイ)、オヒョウ等で、北方のカレイは冬に旬を迎えるものが多くなっています。北海道で一番水揚げが多く、また、一番好まれるのはマガレイで、煮付けたり、塩焼きにすると大変美味です。宗八は鮮魚としてはあまり好まれませんが、干物が大変美味しく居酒屋等でもファンが多い魚です。黒頭は刺身や煮付けに適しており2~3月の産卵期が最も美味です。オヒョウはヒラメ、カレイの仲間では最大の種類で、大きい物では体長2.6㍍、体重200㎏を越えます。刺身やフライに適しています。写真は砂ガレイです。唐揚げにして食べます。