【北海道】北海道のウニ観光案内です。


北海道観光タクシー・ジャンボタクシー、北海道小樽観光タクシー高橋の北海道のウニ観光案内です。

ウニ、数多いウニの中で食用になるのはバフンウニ、ムラサキウニ、アカウニなど。食べて美味しいのは、冷たい水域に生息するエゾバフンウニ(地元ではガンゼと呼ぶ)で、名前に似合わず色も形も美しいウニです。コンブを食用にしており、春から夏にかけて水揚げされます。キタムラサキウニ(地元ではノナと呼ぶ)は暖流系で日本海沿岸に広く生息します。とげが長く黒紫色をしており、食用となる卵巣部分はエゾバフンウニより大きく、色も黄色みがかかっています。卵巣が成熟する春から夏にかけてが旬で、焼きウニ、ウニ和え、ウニ味噌、卵とじ、寿司ネタなど料理法も数多くありますが、生ウニを熱々のご飯の上にタップリと乗せノリを散らしてワサビ醤油で食べる「ウニ丼」が最高です。トロリとした甘味と舌触りは磯の香りとともに、なんともいえない風味があります。