【函館】トラピスチヌ修道院観光案内です。


函館観光タクシー・ジャンボタクシー、北海道小樽観光タクシー高橋の函館トラピスチヌ修道院観光案内です。

函館トラピスチヌ修道院観光案内です。トラピスチヌとは女子のことで、男子の修道院はトラピストです。函館トラピスチヌ修道院は明治31年、ローマカトリック・シトー会の、8人のフランス人修道女によって創設された、日本初の女子修道院で、正しくは、「天使の聖母トラピスチヌ修道院」といいます。このシトー会という組織は、宗教活動をするためのものではなく、【生活のすべてを神に捧げ、祈りと労働の日々を過ごすことで神と人々に奉仕する】ことを目的にしています。ですから、その戒律も厳しく、貞潔(操が固く、行いが潔白)清貧(行いが清らかで、貧しい生活にも満足)従順(素直)の3つの誓い(3誓願)のもとに、修道女たちが信仰生活をしています。毎日3時半起床、お祈り、読書、ミサのあと食事、8時過ぎから労働を始めます。50haの敷地では畑作、牧畜などの作業を行い、バター飴、クッキー作りに精を出しております。また、冬はペンダントや手芸品などを作ります。夜、床に就くのは19時45分、これが修道女たちの静かで落ち着いた日課です。この修道院には、誰でも入れるわけではありません。カトリック信者であることはもちろん、洗礼を受けてから、3年以上たった未婚の女性、年齢は普通23歳~30歳位まで、両親の承諾と教会の推薦があることなどが、条件になっています。いずれにしましても、修道女になるには、人柄はもとより、正しい心と強い意志が必要で、ただ単に失恋したからとか、生活に疲れたからという理由だけでは、生涯をここで暮らすことは出来ません。(静かなる 青き 一日の 暮れゆきて 聞くはよろしき アンジェラスの鐘)と歌人の与謝野晶子はうたっております。なお、ここで自給自足できるもの以外、生計はすべて修道女たちが作る、お菓子や手芸品などの収入でまかなわれています。写真は函館山の昼間の景色と、2006年(平成18年)完成の避雷針まで107m建物本体98m展望2階床面高さ90mの五稜郭タワーです。

CIMG1268CIMG0660函館トラピスチヌ修道院1bCIMG1248