【余市】ニッカウヰスキー北海道工場観光案内です。


余市観光タクシー・ジャンボタクシー、北海道小樽観光タクシー高橋のニッカウヰスキー北海道工場観光案内です。

ニッカウヰスキー北海道工場、ウヰスキーのモルト、すなわち原酒を作っている所です。お酒は、お水と気候の良い所に美味しいものが生まれると言いますが、余市は三方が山、一方は海にかこまれ、余市川の清流と、澄んだオゾン、温度湿度など、スコッチの本場、スコットランドそっくりなのだそうです。ニッカウイスキーの生みの親は竹鶴政孝さんですが、竹鶴さんは、スコットランドで醸造学を勉強、帰国後、入社した寿屋で、昭和4年、国産第1号のサントリーウイスキーを誕生させました。その後独立して、かねてから白羽の矢を立てていた余市に工場を建て(昭和9年)リンゴジュースなどをつくりながら、ウイスキーの熟成をまち、ニッカウイスキーを世に送り出したのは昭和15年の事です。なお、ニッカの名前は、以前の会社名、大日本果汁の略、つまり大日本の「日」と、果汁の「果」からとって(ニッカ)と名づけたと言う事です。この工場には10万本もの原酒の樽(1本平均500㍑)が貯蔵されているそうです。写真は旧竹鶴邸とウイスキー博物館の有料試飲会場です。