【余市】ニッカウヰスキー余市原酒工場観光案内です。


余市観光タクシー・ジャンボタクシー、北海道小樽観光タクシー高橋のニッカウヰスキー余市原酒工場観光案内です。

ニッカウヰスキー余市原酒工場

石造りの建物は「ニッカウヰスキー余市原酒工場」です。遙か離れた異国・スコットランドを偲ばせる建物の風情は、スコッチウイスキーに匹敵するウイスキーを日本で誕生させた記念すべき所です。

余市工場の敷地面積は15haと広く、ウイスキーの出来るまでの様々な工程が石造りの建物の中に配置され、中でも発芽した大麦をピートの煙で燻し乾燥させるという独特な製法が採られている事は、この工場ならではの方法です。

此方がピートを使った乾燥棟(キルン塔)です。

ピート(泥炭)とは、北の湿地帯に無尽蔵に堆積しているもので、イギリスのスコットランド、そしてこの北海道の大地に長い年月の間に植物群が堆積し、何時しか炭化しピートなりました。このピートこそ、ニッカの工場が北海道に建設された大きな要因でもあります。

此れに目を付けたのがニッカの創設者「竹鶴政孝」その人です。ピートは勿論の事、気候風土、そして「水」そのものがスコットランドに匹敵し、ウイスキーを造るなら「北海道」と心に決めて昭和9年、大日本果汁株式会社(現在のニッカウヰスキー)を創設したのです。

竹鶴政孝は明治27年6月、広島県竹原市にあった造り酒屋の三男として生を受けました。小さい頃はワンパクで8歳の時、自宅の階段から転げ落ちて鼻を強打し、七針も縫う大けがをしたのです。ところが、これが何と国産スコッチウイスキーを世に送り出す前兆だったのですから、解らないものです。その上、生まれた時から人一倍、鼻の大きな赤ん坊で回りが驚いたくらいなのですから。

「このけがで鼻が通るようになって、人並み外れた大きな鼻、臭覚が生まれ、ウイスキー造りに役立った」と政孝氏は生前語っておられたそうです。

大正5年、大阪高工醸造科を卒業し、大阪摂津酒造に勤務しました。当時、イギリスのウイスキーが日本市場に入り込み、ウイスキーに関しては我が国のものは焼酎に色を付けた程度のイミテーションだったのです。気骨のある摂津酒造の社長、阿部喜兵衛の勧めによって大正7年3月、大勢の見送りを受けて横浜から船に乗ってアメリカ経由でイギリスへ旅立ちました。

「わざわざ日本からウイスキーの研究にやって来るとは奇特な若者」と、目を掛けてくれるイギリスの技術者にも恵まれ、ウイスキーの技術を習得して日本に帰国したのが大正10年9月、竹鶴は永遠を誓って結婚したゼシー・リタを伴っておりました。

3年間の留学で習得したういすきーに関する知識は、中々日本の酒造会社では受け入れて貰えず、摂津酒造から寿屋へ(現サントリー)そして昭和8年寿屋を退社し、かねがね目を付けていた余市でのウイスキー造りの準備に取り掛かりました。

此方が創業当初の事務所です。

昭和9年大日本果汁株式会社を設立

ウイスキーは熟成の時間が必要で、手始めにリンゴジュースやブランデーを造って販売し、昭和11年にウイスキーを造り、4年後の昭和15年、ニッカの第一号が世に出たのです。

ニッカは、現在、全国的な洋酒メーカーに成長し、余市の他に仙台をはじめ、東京、弘前、西宮、九州などに工場があります。

ニッカの創設者、品質第一主義をがんとして唱え続けた日本のウイスキーの父、竹鶴政孝は昭和54年8月、リタ夫人(昭和36年死去)の待つあの世へと旅立ちました。享年85歳、ウイスキーに一生を捧げた「職人」でした。

此方が、世界でも稀少な石炭直火蒸溜棟です。

余市蒸溜所の建設にあたり、竹鶴は初めての実習先だったロングモーン蒸溜所で学んだ「石炭直火蒸溜」を採用しました。適切な火力を保ちながら石炭をくべるには熟練の職人の技が必要になるため、今では世界でも稀少な蒸溜法ですが、余市モルトの重厚なコクと香ばしさを引き出すには欠かせません。

人から人へ、受け継がれる樽づくりの技

原酒は樽を通して呼吸し、木の成分を取り込みながら熟成を遂げ、琥珀色に変化していきます。樽材や過去に貯蔵していた酒の種類、焼き入れ(チャー)の程度などにより、ウイスキーの個性は大きく変わるのです。

「僕はいいウイスキーをつくる。君たちはいい樽をつくってくれ。」竹鶴は樽職人にそう語りかけたと言います。ひとつひとつ手作業で行われる樽づくりの技は、創業時から脈々と受け継がれています。