【上ノ国町】八幡宮観光案内です。


上ノ国町観光タクシー・ジャンボタクシー、北海道小樽観光タクシー高橋の上ノ国八幡宮観光案内です。

上ノ国八幡宮、言い伝えによりますと、文明5年(1473年)武田信広が勝山館を築いたとき、館の神様として祀ったといわれ、はじめは館神八幡宮と呼ばれていました。松前藩時代は、藩の祈願所として、毎年お正月には、領主の代参(つまり、本人に代わって、参拝すること)があり、また、この上ノ国の氏神として尊ばれていたそうです。今も残っているのはご本殿だけですが、古いお社らしいたたずまいを見せています。また境内の狛犬は、室町様式といわれ、信広の使用したヨロイとカブトが八幡宮の宝として残されています。

CIMG2366CIMG2367